葬儀は必ず行わなければいけないと法律で定められているわけではありません。
葬儀費用の基本的な知識
葬儀費用の基本的な知識

葬儀のスタイル直葬と自由葬編

葬儀は必ず行わなければいけないと法律で定められているわけではありません。別に葬儀はしなくてもいいわけです。とは言え、遺体を放置すると言うことではありません。直葬をすることになります。直葬は火葬だけで故人を見送ると言うスタイルで、荼毘葬と呼ばれることもあります。これが弔いの原形と言われることもあり、最近は自分の意思で直葬を希望する人が増えてきました。直葬は一般の葬儀に比べてかなり費用を抑えることができます。しかし、葬祭業者の手を借りることにはなるので、考えているよりも費用がかかる可能性は高いです。

また、直葬ではあまりにも味気ないと言うことで、自由葬を選択する人がかなり多くなりました。直葬よりは華やかで、従来のお葬式よりも縛られることがありません。以前は無宗教葬と呼ばれていましたが、いつの間にか自由葬と言う名称が定着しました。自由と言うだけあって、決まった方式はありません。プログラムは全て遺族で考える必要があります。しかし、自由ほど難しいものはありません。葬祭の知識がない遺族がプログラムを一から考えるのは不可能に近いです。やはり、葬祭業者との綿密な打ち合わせ、参加者の協力が必要になってきます。

おすすめ情報