昔ながらの葬儀では、故人のことをよく知らない参列者が半分以上を占めると言うことも珍しくありません。
葬儀費用の基本的な知識
葬儀費用の基本的な知識

葬儀のスタイル家族葬編

昔ながらの葬儀では、故人のことをよく知らない参列者が半分以上を占めると言うことも珍しくありません。対して、家族葬の場合は、故人のことをよく知る人ばかりが参列します。心から故人を弔う気持ちを共有することができるわけです。また、家族葬は規模が小さく、参列者の数も多くありません。なので、一般の葬儀と同じ流れで進行しても、時間に余裕があるでしょう。ですから、ゆっくりと心ゆくまでお別れができます。さらに、参列者が多くなく、親しい間柄の人ばかりなので、遺族は心身の疲れが少なく済むと言うのも家族葬のメリットです。

しかし、家族葬を選択する人が増えてきたとは言っても、地方ではまだまだポピュラーなスタイルとは言えません。なので、周囲から家族葬を反対されることもあります。地方では世間体を気にする傾向がまだ強いので、どうしても家族葬をしたいと言うのなら、きちんと話し合うようにしましょう。周囲は関係ないと言って話もせずに強行してしまうと、後でトラブルになるかもしれません。故人の強い遺志であれば、生前から家族で話し合って決めたと言うことを伝えるようにしましょう。やはり、葬儀は周りからも理解されて行うのがベストです。

おすすめ情報